Heave Days

Heaveのブログ

ヒーヴです!

「ダーティハリー」あらゆる刑事物の原点映画

こんにちは❗

 

ヒーヴです!

 

刑事物、大好きです!

 

今日は、あらゆる刑事物の原点となっているだろう映画、「ダーティハリー」(誰もが嫌う仕事をする、ハリー刑事さん)を紹介します。

 

もうすっかり、おじいちゃんになったクリント・イーストウッドが、主人公ハリー刑事を演じています。

 

f:id:Heave:20190408232026j:plain

ダーティハリー

 

大分古い映画(1971年)になってしまいましたが、何故か、おしゃれな格好をしていたのです。

チェックの茶系背広に何気に合わせた、赤いベストなんて、着こなしているのです!おしゃれ過ぎる!悪は絶対許さじ刑事さん!

クリント・イーストウッドの映画は、なん作品か観ていると思いますが、彼がおしゃれな格好していると思ったのは、この映画位かもです。

 

おしゃれで、一切笑わないハリー刑事さん。

 

どんな仕事もプライドを持って(← これが伝わるから、格好いいのでしょう)、だが「全くやってられるかよー」という顔付をして、仕事をこなして行く姿が、とってもクールなのです。

 

クール過ぎて、笑える場面、ありましたよー!

 

ある時、自殺しようとする人(長いので「自殺志願者」にします)を死なせないよう、説得しなければならない場面があり、やってられるかよーな顔で、ビルの上のその自殺志願者のところまでクレーンに乗って行きます。

で、自殺志願者に面と向かって「お前が自殺しようと構やしない」と言ってのけるのでした。(メンタル弱い人なら、そこで泣き崩れてしまいそうです。)

しまいには、「名前と住所を教えといてくれ。落ちたら体がぺしゃんこになって、免許証も読めないからな!」→ もー、ほとんどいじめな状況で、それを聞いた自殺志願者は、思わず吐きそうになって、ハリーさんに倒れかかり、そのまま地面におろされるのであった。

まぁ、自殺志願者に吐かれた暁には、本当にダーティなハリーさんになってしまうがなー。

 

主軸の物語は、ハリー刑事さんと無差別殺人鬼(← これがまた、本当に小憎らしい顔をしているのよー!← 役者さんが上手いって事ですねー!)との攻防なのですが、本当にご苦労様なハリーさんでした。

 

*でもね、ハリーさん女性に優しいのよー。

続編で、一緒に寝る女性に「寒くないか?」なーんて、きいてくれるのよー!紳士ざんしょー?

 


f:id:Heave:20190408223533j:image